FX知恵袋
ホーム G7と市場 価格変動 損切り 政策金利 BOとFX スワップ
:: 損切りすることの大切さについて

regsdfFXをしていると、損切りをしなければならないときがありますが、行うタイミングが難しいことでもあります。初心者は誰でも損切りを嫌がるものですが、実は損切りができるかできないかで、FXが成功するか否かが決まるといっても過言ではありません。誰しもがお金を増やしたくてFXを始めるのですが、続けていると得することだけではなく、損失が出ることは避けられません。

もし仮に損せずに勝ち続けている人がいても、それが続くかどうかはわからないですし、勝ち続けている人の方法を参考にしたとしても、全く損害を出さずに済むわけではないのです。世の中にはいろいろなFXの手法がありますが、本当に「絶対に勝ち続ける方法」があったら、「FXで失敗した」という声は聞かないはずです。相場を分析するプログラムを使ったとしても、予想が外れることが多いでしょう。FXには「絶対」ということはないのです。

必ず損失を出さなければならないような目にあったとき、その損失を最小限に抑えることができるかどうかが、FXで成功する人と失敗する人の分かれ目になるでしょう。損失が大きくなって手遅れになってから損切りするのと、ある程度の金額になったら潔く損切りするのとでは、次の取引への意欲も違ってきます、また、損失を最小限に抑えることによって、心理的に受けるダメージも最小限に抑えることができるのです。

損切りは次の取引を進むためのステップに、必ずしなければならない作業です。損切りというと良くないイメージを抱きがちですが、損切りをせずに著しい損失をして再起不能になってしまったら、次の取引をすることはできなくなってしまいます。

いくら予想しても読みが外れて、価値が下がることは避けられませんが、損切りをして大被害を免れることによって、また次の取引を行うことができるのです。損切りするタイミングは、時と場合によって違う上、損切りのやり方には正解がありません。ですが、このような損切りの仕方があるという方法を知っておいて、損はしないと思います。

損切りするタイミングは大別すると、2種類あります。一つは一定の金額まで下がったら決める方法で、もう1つはレートの変動によって決める方法です。

1つ目の一定の金額まで下がったら行う方法だと、預入金額の10%前後下落したら、損切りするタイミングだと決めておくといいでしょう。もう一つの損切りするレートでタイミングを決めるという方法では、チャートをしっかりチェックしないとなりません。この場合、FXのテクニックをしっかりと学ぶ必要があるでしょう。


:: レバレッジを低く
FXは業者に証拠金を預けて外貨の売買をする事でお金を儲ける投資の方法です。

FXの業者は専門の業者もありますが、インターネット専業銀行やネット証券などでも行っております。一般的にリスクが高いと言われていますが、レバレッジを低くする事でリスクも低くなります。

特に初心者の場合にはレバレッジを低めにして取引した方が安全です。また追い証が発生した場合に追い証を入金してしまうと高いリスクを背負う事になりますが、ロスカットすれば損失は限定されます。

.
All Rights Reserved 2013 ONETIMEFX.COM

ONETIMEFX.COM