FX知恵袋
ホーム G7と市場 価格変動 損切り 政策金利 BOとFX スワップ
:: G7と市場の動きについての基礎知識

fwererG7とは、先進7カ国を表すGroup Of Sevenの略称です。fxのおすすめとして以下の先進7カ国の通貨が利用されています。フランス、アメリカ合衆国、ドイツ、イタリア、カナダ、イギリス、そして日本。国のグループ自体を指すほか、IMFの総会時などに開かれ、この7つの国が参加して行なわれる「財務大臣、中央銀行総裁会議」のことを指すこともあります。今回取り上げるのは、その後者の方、つまり「財務大臣、中央銀行総裁会議」のG7です。通貨について話し合われる国際的な大きな会議ということで、当然市場にも影響が出ます。基本的には、円相場に関していえば、G7が行なわれるタイミングで円高になる傾向があります。

ですが、とにかくG7の間中、相場は頻繁に動くことが多いです。G7開催中、全くそれに関する報道が出ないというなら別ですが、常に世界中のニュースで「○○について話し合われている」「○○について批判が出ている」といったことがひっきりなしに報道されるので、それに従って相場も反応してしまうことになるからです。最終的には何らかの結論がもたらされるG7ですが、開催中に相場を追う時間やテクニックがない場合は、G7前に決済を済ませ、開催中は静観してしまうのも手かと思います。

出典: ビットオプション.net

ファンダメンタルズ分析について知る

チャートを利用したテクニカル分析と対になって紹介されることの多いファンダメンタルズ分析。簡単にいえば、経済の動向や企業の業績、資産を読んでいく分析方法で、ファンダメンタルズの直訳である「経済基礎的諸条件」という言葉が表している通り、報道等で各国の情勢を探りつつ、さまざまな要素を判断していく必要があります。

となると、世界経済を密接な関係のあるFX取引には、ファンダメンタルズ分析が不可欠なようにも感じますが、実際のところ、XEマーケットの取引方法にあるように、FXにファンダメンタルズ分析を活用している人はあまりいません。その理由は、ファンダメンタルズ分析は高度な知識を必要とし、どちらかといえば長いスパンの取引に向いている分析方法だからです。ですから、経済の動きに日々敏感であることは重要なものの、FXをこれから始めるという方は、まずテクニカル分析について勉強していくことをおすすめします。


:: レバレッジを低く
FXは業者に証拠金を預けて外貨の売買をする事でお金を儲ける投資の方法です。

FXの業者は専門の業者もありますが、インターネット専業銀行やネット証券などでも行っております。一般的にリスクが高いと言われていますが、レバレッジを低くする事でリスクも低くなります。

特に初心者の場合にはレバレッジを低めにして取引した方が安全です。また追い証が発生した場合に追い証を入金してしまうと高いリスクを背負う事になりますが、ロスカットすれば損失は限定されます。

.
All Rights Reserved 2013 ONETIMEFX.COM

ONETIMEFX.COM